お知らせ

セグロアシナガバチの巣の展示を始めました【自然観察センター】

本日、自然観察センターの庭でセグロアシナガバチの巣が見つかりました。

セグロアシナガバチ(スズメバチ科)の女王蜂と初期巣
この時期は、越冬から目覚めた女王蜂が1匹で巣を作っている頃です。
まだ働き蜂はいません。
巣房の中に卵が見えますね。働き蜂になる卵です。
この頃は女王蜂もおとなしく、見ている分には刺されることはありません。
ですので、皆さんに見てもらえるよう、しばらくそのままにすることにしました。
今はやりの生態展示ってやつですかね?


▲こんな感じにしてあります

▲矢印もつけました
こんな作業をしていても女王蜂はおとなしくしており、私はもちろん無事です。
どれだけ安全か分かっていただけたかと思います。
アシナガバチの巣を近くで見る機会はあまりないと思いますので、ぜひご覧ください。
時どき巣の材料や幼虫の餌をとりに出かけますので、留守にしていることもあるかと思います。
そんなときは少し時間をあけて覗いてみてくださいね。

しかし働き蜂が増え、巣が大きくなると攻撃性が高くなり危険になりますので、
危険になる前に適切に処理(安全なところに移植、または室内展示)します。
期間限定ですので、お見逃しなく!

このページのトップへ