• やまとNAVI
  • 目的から探す目的から探す
  • 施設から探す施設から探す
  • 財団サイトへ

2017/2/1(水)泉の森自然情報~鳥たちのお食事タイム~〈内容更新〉【自然観察センター】

※2/3ヒドリガモ♀の写真を追加しました。

今朝、しらかしの池に行ってみると、ヒドリガモたちが岸辺で草を食べていました。

ヒドリガモ(カモ科)のオス
カモ類は夜間に採餌することが多いのですが、ヒドリガモは日中でもよく草を食べています。
人が多いところではなかなか食事をしてくれませんが、
早朝や雨上がりなどの人の少ないときに食事シーンを目にします。

拡大してみましょう。

▲草を食べるヒドリガモのオス
口いっぱいに頬ばっている感じがしますね。
ちなみにカモ類の嘴(くちばし)にはギザギサはありますが歯はありません。
そのため他の鳥と同様、餌はなんでも丸飲みです。
次の写真を見ると、嘴の内側にあるギザギザがよく分かりますね。

▲ヒドリガモのメス

遊びの小川では……

シメ(アトリ科)
シメが水を飲みに来ていました。
でも遠かったし体が隠れてしまっているのが残念です。
シメは先日(1/25)、落ちていた羽を紹介したばかりですね。

林に行ってみると……

シロハラ(ヒタキ科)
シロハラが地面の落ち葉をガサガサしていました。
餌となるミミズや木の実を探しているのです。
ツグミは明るいところでも同じことをやってくれますが、
シロハラはなかなか明るいところに出てきてくれません。
ですからカメラの感度設定をかなり上げて撮りました。

歩道を歩いていると……

キジバト(ハト科)
キジバトが落ち葉をひっくり返して餌を探していました。
彼らは警戒心が弱く、こちらがじっとしているとどんどん近寄ってきて、
画面からはみ出してしまうほどです(笑)。

鳥たちは朝に限らず餌を探しています。
1羽の鳥をじっくり時間をかけて見ていると、いろいろと面白いシーンが見られるかもしれませんね。